すべてのページにアクセスし、すべての機能をご使用いただくには、あなたがお使いのブラウザを最新にしていただく必要があります。Internet Explorer 8をお使いの方は、Internet Explorer 11が最新のブラウザですのでご確認ください。

光学部の最適化

瞳孔径は近視眼や遠視眼によって異なり、加齢によってもその大きさは変化します。よりクリアな視界を実現するために、そのような年齢や屈折度数によって異なる瞳孔の大きさを考慮しレンズ光学部を最適化した、初めての遠近両用コンタクトレンズです。

近くも遠くもクリアな視界をもたらす光学部の最適化。

眼本来の機能から発想したアキュビュー® のテクノロジー、EYE-INSPIREDTM Innovationのひとつです。

57の遠用度数と3つの加入度数の組合わせで最適化した計171パターンの光学部設計を用意することで、より一層それぞれの患者さんの眼の状態に合ったレンズ選択が可能になりました。

年齢や屈折状態とともに変化する患者さんの瞳孔径に対応するアキュビュー® の遠近両用コンタクトレンズは、患者さんが歳を重ねても、遠くから近くまで自然に見える視界を提供します。

眼の状態は人それぞれ。

アキュビュー® はそのすべてからヒントを得ました。

見え方には個人差があります。