すべてのページにアクセスし、すべての機能をご使用いただくには、あなたがお使いのブラウザを最新にしていただく必要があります。Internet Explorer 8をお使いの方は、Internet Explorer 11が最新のブラウザですのでご確認ください。

眼表面の生理と疾患

コンタクトレンズ処方 さらなる一歩 2018年  11月 コンタクトレンズの弾性率 丸山邦夫

コンタクトレンズ処方 さらなる一歩 2018年  11月 コンタクトレンズの弾性率  丸山邦夫

資料をダウンロードする

はじめに

コンタクトレンズ(CL)は,ハードCL とソフトCL(SCL)に大別される.現在主流となっているSCL は,含水性ゲル素材でできているため,その柔らかさゆえに装用感に優れる.SCL の弾性率(モジュラス)は柔らかさの指標の一つであり,装用感のみならず,前眼部への物理的な影響を考える場合においても重要である.本稿では,SCL の弾性率の臨床的意義について概説するとともに,弾性率とは何か,そして各種SCL の弾性率の測定結果も紹介する.