すべてのページにアクセスし、すべての機能をご使用いただくには、あなたがお使いのブラウザを最新にしていただく必要があります。Internet Explorer 8をお使いの方は、Internet Explorer 11が最新のブラウザですのでご確認ください。

乱視

コンタクトレンズ処方 さらなる一歩 2019年  1月 乱視用ソフトコンタクトレンズ処方(適応・検査) 東原尚代先生

コンタクトレンズ処方 さらなる一歩 2019年  1月 乱視用ソフトコンタクトレンズ処方(適応・検査)  東原尚代先生

資料をダウンロードする

はじめに

2003年に7%だった日本のトーリックソフトコンタクトレンズ(SCL)処方率は2016年に13%とわずかに増加したが,諸外国に比して低いのが現状である.実際,弱度乱視のある患者でも球面SCLを処方されることが多く,その背景には,トーリックSCL処方の経験が少ないゆえに処方がむずかしいという先入観や,過去にうまくいかなかった苦い経験などがあるように思う.適切な乱視矯正は良好な視力が得られるだけでなく,眼精疲労の改善など見え方の質の向上が期待できる.乱視用SCL処方について2回に分けて解説するが,第1回目となる今回はトーリックSCLの適応の見きわめと検査の注意点について解説する.