すべてのページにアクセスし、すべての機能をご使用いただくには、あなたがお使いのブラウザを最新にしていただく必要があります。Internet Explorer 8をお使いの方は、Internet Explorer 11が最新のブラウザですのでご確認ください。

コンタクトレンズ処方 つぎの一歩 ~症例からみるCL処方~    2016年  2月 Lid Wiper Epitheliopathy

tsuginoippo_28

資料をダウンロードする

はじめに

2002 年にKorb らは、瞬目時に眼球表面と摩擦を生じる上眼瞼結膜の後縁から瞼板下溝前方に及ぶ眼瞼結膜部を、lid wiper(図1)、この部の上皮障害をlid wiperepitheliopathy(LWE)(図2)と命名した1)。その後、Shiraishi らは、上眼瞼に比べて下眼瞼のほうがLWE の頻度が高いことを示し2)、 現在、LWE は上下のlidwiper の障害として認知されるようになってきている。そこで、本稿では、LWE の要点について、ソフトコンタクトレンズ(soft contact lens:SCL)との関係に触れながらまとめてみたい。