すべてのページにアクセスし、すべての機能をご使用いただくには、あなたがお使いのブラウザを最新にしていただく必要があります。Internet Explorer 8をお使いの方は、Internet Explorer 11が最新のブラウザですのでご確認ください。

コンタクトレンズ処方 つぎの一歩 ~症例からみるCL処方~    2016年  3月 コンタクトレンズに起因する乳頭結膜炎

tsuginoippo_29

資料をダウンロードする

はじめに

コンタクトレンズ(CL)に起因する乳頭結膜炎(contactlens induced papillary conjunctivitis:CL-PC)は、CL 装用によって生じる乳頭形成を伴う結膜炎で、CL装用に伴う結膜合併症と考えられている。CL-PC は、巨大乳頭結膜炎(giant papillary conjunctivitis:GPC)として知られているとおり、重症化すると巨大乳頭を形成する。CL-PC の誘因にはCL 側の誘因(素材・フィッティング・表面付着物・汚れ・装用時間)と装用者側の素因(アトピー素因)とがあり、その病態は複雑である。