すべてのページにアクセスし、すべての機能をご使用いただくには、あなたがお使いのブラウザを最新にしていただく必要があります。Internet Explorer 8をお使いの方は、Internet Explorer 11が最新のブラウザですのでご確認ください。

コンタクトレンズ処方 つぎの一歩 ~症例からみるCL処方~    2016年  12月 乾燥感のメカニズム

tsuginoippo_26

資料をダウンロードする

はじめに

はじめに「眼乾燥感」は、ソフトコンタクトレンズ(SCL)装用眼のドロップアウトの原因になるが、SCL 装用眼の80%以上に「眼乾燥感」が聴取されるとの報告もある1)。したがって「眼乾燥感」は、SCL の装用者にとっても、その開発メーカーにとっても大きな問題といえる。眼表面は、涙液層と上皮層からなるため、眼表面に装用されるSCL が涙液層や上皮層に大きな影響をもつことは容易に想像され、そのメカニズムは近年、徐々に明らかにされつつある2)。また、SCL で生じる「眼乾燥感」のメカニズムの解明は、その予防や治療に突破口を開く可能性があるため、SCL メーカーのみならず、点眼薬メーカーにとっても、大きな関心事の一つになり続けている。そこで本稿では、SCL 装用眼の「眼乾燥感」の発症メカニズムについて簡潔に述べる。