すべてのページにアクセスし、すべての機能をご使用いただくには、あなたがお使いのブラウザを最新にしていただく必要があります。Internet Explorer 8をお使いの方は、Internet Explorer 11が最新のブラウザですのでご確認ください。

眼表面の生理と疾患

コンタクトレンズ処方 さらなる一歩 2018年  10月 コンタクトレンズの水濡れ性 横井則彦先生

コンタクトレンズ処方 さらなる一歩 2018年  10月 コンタクトレンズの水濡れ性  横井則彦先生

資料をダウンロードする

はじめに

水濡れ性(wettability)とは,おもに固体表面に対する水の親和性(水分の付着のしやすさ)を表すものであり,親水性とも表記され,水分保持性とも解釈される.角膜表面は糖蛋白質である膜型ムチンが広く分布し,その水濡れ性はきわめて良好であり,その特性は涙液層の安定性を維持するうえで不可欠である.一方,ソフトコンタクトレンズ(SCL)の表面は膜型ムチンのような構造をもたないため,その水濡れ性は角膜に比べて不良である.本稿ではSCL 表面の水濡れ性の基礎知識について述べる.