すべてのページにアクセスし、すべての機能をご使用いただくには、あなたがお使いのブラウザを最新にしていただく必要があります。Internet Explorer 8をお使いの方は、Internet Explorer 11が最新のブラウザですのでご確認ください。

眼表面の生理と疾患

コンタクトレンズ処方 さらなる一歩 2018年  12月 アレルギー患者のコンタクトレンズ装用における理想と現実 高村悦子先生

コンタクトレンズ処方 さらなる一歩 2018年  12月 アレルギー患者のコンタクトレンズ装用における理想と現実  高村悦子先生

資料をダウンロードする

はじめに

アレルギー患者のコンタクトレンズ(CL)装用を考える場合,問題となるのは,アレルギー性結膜炎を発症している患者のCL 装用と,CL 装用がアレルギー性結膜炎を引き起こす場合である.前者は,おもにスギ花粉症患者のCL 装用であり,後者は,CL 装用が起因するCL関連乳頭性結膜炎(contact lens related papillary conjunctivitis:CLPC)が考えられる.ここでは,どのようにすればアレルギー性結膜炎患者がCL 装用を継続できるかを,結膜炎悪化の要因とその対策をもとに,理想と現実を紐解いてみたい.